Top >  五月病関連読本 >  双極性障害の治療スタンダード

双極性障害の治療スタンダード

双極性障害の治療スタンダード
樋口 輝彦
双極性障害の治療スタンダード
定価: ¥ 3,780
販売価格: ¥ 3,780
人気ランキング: 93407位
おすすめ度:
発売日: 2003-08
発売元: 星和書店
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
双極性障害の治療スタンダードの詳細を見る

双極性障害の治療スタンダードはお薦めの一冊です。
この世界を極めたいと思うなら是非、一読をお薦めします。

読むほどにこの世界に対する新しい理解が得られること請け合いです。まぁ、私がお薦めする理由もそこにあるのですけど・・・

難しく考えることなく気軽に読めて、それでいて読後のあなたの役に立つこと請け合いです。

レビューを拝見しても総じて評価の高い一冊のようです。あなたの理解を深めるためにも是非とも一読をお薦めするものです。

総勢35名の研究者による双極性障害治療に関する研究論文集!
この紹介ページを見るとまるで樋口輝彦氏と神庭 重信による
本のように思えるが、実際には野村総一郎氏、加藤忠文氏など各研究・治療に
取り組んでおられる総勢35人の執筆者による研究論集と言える。
樋口氏と神庭氏は編者であるし、実際本の表紙にもそう書かれている。
アマゾンはできれば情報を修正して頂きたいものだ。

この本の優れている部分は以下の通り。

・双極性U型の治療について書かれていること。
・混合型、ラピッドサイクラーについての記述があること。
・双極性障害における心理社会療法について書かれていること。
 具体的には心理教育、認知行動療法、
 対人関係および社会リズム療法、家族療法、
 集団療法、力動的精神療法についてである。
・諸外国における双極性障害治療の現状について読めること。

これらは専門的論文を除けばあまり他の本では言及されていない。
ただ、値段が安くはない。だが日本における双極性障害に関する本の
少なさを考えれば一度読んでみることをお勧めしたい。

双極性障害の治療スタンダードの詳細を見る

 <  前の記事 職場のうつ―復職のための実践ガイド 本人・家族・会社の成功体験 (AERA Mook AERA LIFE)  |  トップページ  |  次の記事 「軽うつ」かな?と感じたとき読む本 (講談社プラスアルファ文庫)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/3157

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。