Top >  五月病関連読本 >  精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記
泉 基樹
精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 24440位
おすすめ度:
発売日: 2002-03
発売元: 廣済堂出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記の詳細を見る

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記はそういう本です。

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記はかなりお得な本になると思いますよ。

うつ病と無関係だと思っている人にも薦めます
 うつ病が一般的に広く知られるようになったとはいえ、まだまだ誤解も多く、正確な知識を持っている人は少ないと思います。「やる気のない人=うつ病」のように思われてしまうと、本当のうつ病の人が肩身の狭い思いをすることになります。うつ病について小難しい本で正確な知識を得ることも大切だとは思いますが、そういう本が苦手な人にはこの本を薦めたいです。うつ病とはどのような病気かを知ることができる上に、うつ病の人がどれだけ苦しい思いをしているかがよく分かると思います。
 うつ病や統合失調症は病識(自分が病であるという認識)に欠けることが多く、周りの人が気付いてあげることが大切です。これらの精神疾患は自殺の原因としても知られており、確立された治療法があるにも関わらず、治療する前に自ら命を絶ってしまう人も大勢います。日本では毎年3万人以上の自殺者がいますが、その中には病気の一症状によって自殺に追い込まれている人が少なからずいるということです。病気の知識は医師だけが知っていれば良いという時代ではないと思います。今は自分の周りにうつ病の人なんかいないという人も、うつ病の発症率を考えれば、いつ身近にうつ病の人が現れてもおかしくありません。そういう時に、精神科の受診を勧めることができるかどうかで、その人の人生が変わってしまうと言っても過言ではありません。身近な大切な人を失わないためにも、より多くの人にうつ病に関する正確な知識を持ってもらいたいと思います。教科書的な本は取っつきにくいという方には、まずこの本から読み始めることをお薦めします。

薄い気が・・・
もうちょっと壮絶な内容を想像していたのですが
割合淡白。
悩める青年の割合どこにでもある成長記でしょうか。
尾崎が好きで、友人が自殺して、自分がうつになり…。
それほど何か心に訴えてくるものがないです。
実際そばに居たら「大変だったねえ」といえるんですが
いかんせん書籍となるともっと壮絶な人生を見てるから。
感覚が鈍磨してるのかな。


患者であり医師であり……
うつ病になってしまった精神科医の苦悩が、ドキュメントタッチで描かれる。
軽いうつ病を抱える私としては、身につまされてページをめくる手が止まったこともあった。
内容についてはいろいろなレビュアーのかたが書かれている通り。
ドラマ化映画にして、うつ病の実態と苦しみ、そこからの脱出をみんなに知らせて欲しいと私も思う。

落ち込んでいる人、何らかのうつ傾向にある人は、とにかく読んでほしい。
涙が出る一冊です。

精神科医がうつ病になった―ある精神科医のうつ病体験記の詳細を見る

 <  前の記事 酪農家族〈3〉波うつ青い穂  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/3151

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。