Top >  五月病の予防と対策 >  ハーブ

スポンサードリンク

ハーブ

「意欲低下」「不眠」「頭痛」「めまい」といった症状を自然な状態に近づけることが出来、症状を回復させる薬物療法があります。
ですが、薬をあまり使いたくないという人には「ハーブ」はお勧めです。
ハーブに含まれる成分には、過敏になった神経を鎮める、ふさぎこんだ気分を明るくする、といった効果が期待できるものがたくさんあるのです。
お手軽なティーパックを利用して、食事にティータイムに、積極的に取り入れてみてはいかがですか。
さて、ここではハーブでリラックスする方法について紹介します。
セントジョーンズワート(日本名:セイヨウオトギリソウ)は、ふさぎこんだ気分を明るくしてくれるハーブです。
古代ギリシャの時代から「悪魔を祓うハーブ」として親しまれ、その効果は、軽~中程度の抗うつ剤に匹敵するという研究報告もあります。
セントジョンズワートに含まれるヒペリシンが、脳内のセロトニンの量を調整することで、うつ症状が和らぐのではないかといわれていますが、本当のところはまだわかっていないようです。
そのほかにも、バレリアン、パッションフラワー、カモミールなどには、過敏になった神経を鎮める作用があるといわれています。





スポンサードリンク

 <  前の記事 薬物療法に用いられる薬  |  トップページ  |  次の記事 五月病から脱するには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5150

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。