Top >  五月病の予防と対策 >  薬物療法に用いられる薬

スポンサードリンク

薬物療法に用いられる薬

「五月病」の予防はストレスを溜めないこと、とはいっても、現代社会にストレスはつきものですよね。
仕事や家庭のトラブル、異動や転職、過労.. と、実にたくさんのストレス要因に囲まれて暮らしています。
そして、急な生活環境の変化にいくつものストレスが重なると、心と身体のバランスが崩れ、「意欲低下」「不眠」「頭痛」「めまい」などの症状があらわれてくるのです。
このような症状は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの不足によって引き起こされると考えられています。
そして、最近では、このセロトニンやノルアドレナリンの量を調整し、自然な状態に近づけることで症状を回復させるという薬物療法が治療法の中心になってきているようです。
このような薬は、副作用も少なく「第三世代の抗うつ剤」と呼ばれているようです。
でも、薬はできるだけ使いたくないという方には、ハーブがお勧めです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 主食・主菜・副菜とは  |  トップページ  |  次の記事 ハーブ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5149

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。