Top >  五月病の予防と対策 >  主食・主菜・副菜とは

スポンサードリンク

主食・主菜・副菜とは

主食・主菜・副菜の組み合わせに注意してバランスのとれた食事を取ることは栄養のバランスも取れます。
食事をしっかり取るということは、健康な生活を送る上でとても重要なのです。
それでは、主食・主菜・副菜などについて説明していきましょう。
最初に主食とは・・・ごはん、麺類、パンなどの穀物をあらわします。
主菜とは・・・肉・卵・魚・大豆製品などを使った、おかずの中心となる料理のことです。
そして副菜とは・・・主菜に付け合せる、野菜などを中心とする料理のことです。
外食や加工食品、惣菜なども、手作りのものにうまく組み合わせれば、充分栄養バランスの取れた食事が可能になります。
カロリー表示をしている外食店も最近では数多く存在します。
表示をきちんと確認する習慣を身につけることが必要です。
また、濃い味つけの食品には注意が必要です。
家族や友人などと食事すると栄養をとるだけでなく楽しく食事ができるので心がやすらぎます。
3食を規則正しくとるのことを心がけましょう。
食事を楽しむことは、五月病に負けない健康な体を作ることにつながるのです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 五月病には栄養バランスのとれた食事を  |  トップページ  |  次の記事 薬物療法に用いられる薬  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5148

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。