Top >  五月病の予防と対策 >  自律神経訓練法

スポンサードリンク

自律神経訓練法

さて、ここからは自律神経訓練法の手順について紹介していきましょう。
静かな場所に仰向けに寝て、体の力を抜きましょう。
椅子に座るのもよいのです。
最初に、手足が重いと感じることです。
右手、左手と順番にしても、両手が重いと感じてもいいです。
すぐには重さを感じないかもしれません。
毎日繰り返してリラックスできるようになると感じることができます。
そして、手足が暖かいイメージを思い浮かべます。
次に、おなかが温かいと感じることです。
そして、心臓が静かに脈打っていることを感じることが出来ればよいでしょう。
さらに、楽に呼吸していると感じ、額が涼しく心地よいと感じることができたらよいでしょう。
最後に、深呼吸をして大きな伸びをして終了です。
この、自律訓練法は3~5分程度を目安に行ってください。
すぐにはすべてを感じることはできないと思いますが、その時間で終わるようにしてください。
気楽に、時間があいたときに試してみるとよいかと思います。
慣れてくれば電車の中など、いつでもどこでも行うことが可能です。
自律神経訓練法を行い、五月病を乗り切って、楽しい毎日を過ごせるように、心がけましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 自律神経とは  |  トップページ  |  次の記事 五月病には栄養バランスのとれた食事を  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5146

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。