Top >  五月病の予防と対策 >  お風呂でのストレス解消法

スポンサードリンク

お風呂でのストレス解消法

お風呂でのリラックス方法についてですが、浴室の明かりの調整やお気に入りの入浴剤などを使用するのが良いと前回、説明しましたね。
今回はお風呂のお湯の温度から説明していきましょう。
38度から40度の少しぬるめのお湯に入り、みぞおちの辺りまで浸かります。
20分から30分半身浴でゆっくり過ごすのがよいでしょう。
このとき、上半身が寒いと感じる人はバスタオルなどを肩にかけてください。
防水ラジオ、プレーヤーで好きな音楽を聴きながら、のんびりとお湯につかってみましょう。
体がぽかぽかすると気持ちがよくなり、ぐっすり眠ることができます。
睡眠をきちんととることで、体の疲れもとってくれます。
ストレス解消には、うってつけなのが温泉に出かけることです。
時には広いお風呂にゆったりと浸かるのもよいでしょう。
旅は、気分転換になり、いやなことを忘れ、環境を変えるので、ストレス解消にはとても効果的です。
あまりストレスをためすぎずに、お風呂にゆっくり浸かり、リラックスして五月病を乗り切り、元気に楽しく過ごしていきましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 お風呂でのリラックス方法とは  |  トップページ  |  次の記事 適応障害とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5134

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。