Top >  五月病の予防と対策 >  五月病には家族の協力も必要

スポンサードリンク

五月病には家族の協力も必要

五月病の症状が起こっている人に対して、「甘えている」「もっと頑張れ」というプレッシャーを与える言葉は禁物なのです。
なぜなら、症状を悪化させてしまう恐れもあるからなのです。
それは、五月病の症状に苦しんでいる人は、一生懸命頑張り過ぎてしまったことが原因のひとつにあるからなのです。
励ます言葉=症状の悪化につながってしまうことがあります。
家族が理解してあげることで、本人の気持ちはぐっと楽になることもあるようです。
ですので、「頑張ったね、少し肩の力を抜いて休んだらどう?」など理解を示してあげる言葉をかけるとよいでしょう。
家族は、五月病の症状に悩んでいる人をゆっくりと見守ってあげることが一番だと思います。
普段から家族で会話を楽しみ、理解を深めていくことが大切といえるでしょう。
それでも症状が長引いてしまう場合は、早めに心療内科や神経科など病院に行くのがよいでしょう。
本人が病院に行かない・行けないということもあるので、その場合は一緒に付き添ってはじめに家族が病院で相談すると良いでしょう。
心身ともに疲れるのは環境の変化により起こるもので、誰にでもあることだと考え、五月病の家族にはあたたかくやさしく見守ってあげてください。
家族が見守ることが、家族を救うのです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 五月病の対処法とは  |  トップページ  |  次の記事 五月病とアロマテラピー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5128

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。