Top >  五月病の予防と対策 >  五月病と心療内科

スポンサードリンク

五月病と心療内科

新しい職場や学生生活に適応できず、ストレスによって起こる五月病の症状は、やる気がでない、朝起きられないなどですが・・・
五月病のほとんどは、一時的なものなので、新しい環境に慣れるに従って症状が治まっていきます。
しかし、中には症状が長引き、不安が取れないうつ状態になる人もいます。
「心療内科」はそういった症状で受診する病院のひとつです。
しかし、「心療内科」とついてよく知らずに、行くのを躊躇ってしまう人も少なくありません。
心療内科とは・・・ストレスで心身が弱っている症状を診察する科です。
では診察に訪れるのはどんな人たちでしょうか。
①ストレスが原因になり、心身に不調が起きていると考えられる人。
②悩みを抱えて誰にも打ち明けられずに相談に訪れる人。
③体に不調を感じるが、検査をしても、異常が見当たらなかったという人。
「心療内科」のほとんどがカウンセリングを行う時間がかかるため、予約制を取っているのです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 五月病とうまくつきあうには  |  トップページ  |  次の記事 不安を取り除く  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5117

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。