Top >  五月病の予防と対策 >  五月病とうまくつきあうには

スポンサードリンク

五月病とうまくつきあうには

一人暮らしを始めた人は、家事疲れを感じ、入社したばかりの新入社員は責任感が重くのしかかってくる・・・それが5月なのです。
五月病の症状というのは、そのようなプレッシャーやストレスから「少し休んで心身を守りましょう」というサインなのではないでしょうか。
ストレスと上手くつきあっていく方法を学ぶ良い機会かもしれません。
ここでストレスの発散方法を身につけることによって、これからの生活を乗り越えていくことができるはずです。
体調が良くないというのは、少し休養をとりなさいということです。
いつも頑張っていたら、心も体も疲れきってしまいます。
これからの生活をどんなふうに過ごしてゆけば良いのか、息抜きの方法を覚えることが、良い生活リズムをつかむには大切なことといえるでしょう。
辛い症状を友達、家族などに相談して会話が増え、人間関係を良くするきっかけになることもあるでしょう。
五月病をマイナスに思うばかりでなく、うまく付き合っていくことで新しい生活を楽しく過ごせるようなると良いと思います。





スポンサードリンク

 <  前の記事 五月病のプラス面とは  |  トップページ  |  次の記事 五月病と心療内科  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5116

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。