Top >  五月病の症状 >  「気象病」「季節病」

スポンサードリンク

「気象病」「季節病」

「気象病」「季節病」という言葉を聞かれたことはないでしょうか?
「気象病」という病気は、気温の上昇や気圧の変化など、天候の変化が病状の変化に強く結びついているのです。
天気が崩れる前に症状が出やすい喘息や、低気圧で症状が現れる神経痛などが「気象病」のことを指します。
これに対して、春の花粉症や五月病、夏の胃腸炎や赤痢、秋の夏バテや食中毒、冬のインフルエンザなど、ある一定の季節に症状が現れるものを「季節病」とよばれるのです。
五月は暖かくなって、気持ちい季節ですよね。
ですから、さわやかな季節だと思われがちですが、実際は気温の差が激しい、不安定な季節です。
暑くなって夏日が続いたかと思うと寒の戻りがやってくるのです。
五月病はこのような気候の変化が原因のひとつになって、心身ともに不調を感じている人もいます。
決して環境の変化やストレスばかりが原因ではないのです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 アパシー・シンドロームに陥らないためには  |  トップページ  |  次の記事 私達の生活に密接している気象情報  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5111

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。