Top >  五月病の症状 >  五月病の別名

スポンサードリンク

五月病の別名

五月病ですが・・・別名で「スチューデント・アパシー」とも言われています。
1961年の、ハーバード大学の精神科医P・A・ウォルターズの報告によると主に大学生に見られる慢性的な無気力状態のことを指しています。
男子によく見られる青年期特有の症状で、特に病理的なもはないそうですが、無気力・無関心・目的の喪失感を伴うようです。
普通なら感情が動かされることに反応を示さない状態のことを「アパシー」と言うのだそうです。
「スチューデント・アパシー」は五月病のことだけをいうのではなく、無気力な状態の学生を指す言葉とも言えるでしょう。
おもな症状としては、学校へ行かない、単位が取れない、進路についての興味がないなどです。
受験戦争を制してから、無気力に陥るのは、心身の疲労からの自己防衛とも言えると思います。
しかし、一方では、学業には関心がなくてもでも、趣味やアルバイトには熱心に打ち込む場合もあるようです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 旬の食材の料理  |  トップページ  |  次の記事 アパシー・シンドロームに陥らないためには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5109

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。