Top >  五月病の症状 >  処方された薬の服用について

スポンサードリンク

処方された薬の服用について

五月病の症状に対して医師が薬を処方します。
人によって使用量や種類が異なるので安易に使用量を変えたり、薬を止めてしまうことは絶対にしてはいけません。
また「抗不安薬」は副作用があらわれることがあります。
何か心配がある場合は医師に相談することをお勧めします。
また、アルコールと一緒に服用することはできません。
もう飲まなくても平気かなと感じても自分の判断で薬の服用を中止することはできません。
あくまでも医師と相談したうえで使用量や使用回数を増やしたり減らしたりしていきます。
薬だけに頼るのはあまりよくありません。
健康で明るく生活ができるように食事をきちんと取り、ストレスの解消を心がけましょう。
薬の服用は、五月病に関する様々な情報のなかの改善策のひとつですが、自分にあった方法を見つけて新しい環境を楽しく過ごせるように願っています。





スポンサードリンク

 <  前の記事 現在人の抱えるストレス  |  トップページ  |  次の記事 5月の旬の食材  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5106

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。