Top >  五月病の症状 >  五月病の低年齢化とは

スポンサードリンク

五月病の低年齢化とは

五月病にかかるのは、大学生や社会人が多いと言われていましたが、ここ最近では、中学生や高校生をはじめ、小学生にも五月病の症状が見られるようになりました。
厳しい受験戦争を乗り越えてきたからでしょう。
また、症状はゴールデン・ウィーク明けだけにとどまらず、夏休みや冬休みといった長期休暇の後に見られるようです。
朝起きられない、やる気が起こらない、学校に行きたくなくなるなどの症状が見られます。
入学時やクラス替えの後、その環境に適応しようと一生懸命になりすぎずに、ゆったりとした気持で少しずつ環境に慣れていくことが、五月病にならないためには大切なことだと思います。
もし症状が長引いてしまったら、校内のスクールカウンセラーへの相談や心療内科などの病院で治療することをおすすめします。
親御さんも、常に子どもの様子に気を配り、体調のすぐれないときには休ませたり、話を聞いてあげたりすることが大切です。
うちの子に限って・・・なんて思わずに、子どものSOSを見逃さないように気をつけて見ていてあげてください。





スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病の原因は  |  トップページ  |  次の記事 子供達が楽しく学校に通うために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5141

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。