Top >  五月病の症状 >  うつ病とは

スポンサードリンク

うつ病とは

五月病の症状は環境の変化などによってい一時的に起こる心身の不調で、環境の変化や人間関係、仕事に慣れるに従ってだんだん良くなっていきます。
これに対して、うつ病は、五月病と何が違うのでしょうか。
うつ病の症状は勉強や仕事にやる気が出ない、朝起きられない、体調不良などが一時的ではなく、長期間続きます。
五月病も重症化してうつ病に進行する危険性がありますので、症状が長引くようならば病院に行って診察を受けることをお勧めします。
五月病も症状が悪化し、長引いてしまうとうつ病に進行する恐れがありますので、症状が良くならないようなら心療内科などの病院で診察、治療を受けることが必要かと思います。
うつ病の症状は、憂鬱な気持ちや無気力感などが長期間続き、日常生活や仕事に支障をきたしてしまうことを言います。
おもな原因はストレスであり、脳内の神経伝達物質の行き渡りがバランスを崩してしまい、心や体が不調になります。決して心が弱いから、さぼっているからなるのではありません。





スポンサードリンク

 <  前の記事 季節病ではなくなりつつある五月病とは  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の原因は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5139

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。