Top >  五月病の症状 >  適応障害とは

スポンサードリンク

適応障害とは

ゴールデンウィーク明けごろから、学生や新入社員が心身に不調を訴える症状を五月病と呼びます。
ですが、実はこれは正式な病名ではないのです。
環境に適応できずに、やる気が出ず、食欲不振や睡眠障害などの症状がでるこの病名は「適応障害」といいます。
新しい環境に適応できない、という時期的なものというのは、転職や退職、結婚や引越しと様々な機会に訪れますので、学生や新入社員だけに起こる症状ではないのです。
それでは、「適応障害」のおもな症状をならべてみましょう。
最初に不安気分を伴う症状についてですが、心配やイライラ、不安な気持ちなどの症状を言います。
そして、抑うつ気分(気持ちが暗くなる、重い症状)を伴うものですが、希望がなくなる、涙もろいといったような症状のことを言います。
この、不安気分を伴う症状と抑うつ気分の症状が両方伴う場合もあるのです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 お風呂でのストレス解消法  |  トップページ  |  次の記事 適応障害の症状について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5135

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「五月病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。